仙台市泉区泉ヶ岳に派手に佇む薪ストーブ村「WooDearVillage」

ホーム
  • 薪ストーブ相談予約
  • ヴィレッジ案内
  • 薪ストーブコレクション
  • MENU

← コラム一覧にもどる

薪ストーブコラム 第11回

鋼板製、薪ストーブの蓄熱の真実

今回は鋼板製の薪ストーブの蓄熱の真実とは?

インターネット情報では

鋼板製、薪ストーブは、熱しやすく冷めやすい

鋳鉄製、薪ストーブは熱し難く冷めにくい

ホントかよ!?

あんべ薪衛門の実験タイムー(^O^)

3月7日、朝5時半の外気温度マイナス2度

室内温度が21,5度、薪ストーブの冬の朝は最高ですね〜

実験機は

鋼板製 薪ストーブ、パシフィックエナジーneo2,5である!

昨日ラスト薪投入時間はPM8:30

その後9時間後のパシフィックエナジーの状態は?

「おおお!風車が9時間たってもクルクルと(  ゚ ▽ ゚ ;)」

なんと!天板温度が100度!

去年は石のストーブを使って実験していたが

石とパシフィックエナジー鋼板の天板がほぼ同じ温度だ!

「アンビリーバボ〜(≡^∇^≡)」

素材では石の方が断然ヒートライフが上なのに

なぜ?その秘密とは、

9時間たっても、この燠火が半端ない量

これはパシフィックエナジーのドアがナイフエッジ

なっており気密性が非常に高いのである!

燠火は酸素は少なくてもジワジワと燃焼が可能ですが

薪を燃焼させる時にはエアーをあまり絞ると燻ってしまう

だが、パシフィックエナジーにはこれがあるのだ!

大容量のバッフルシステム

通常のクリーンバーンの3倍で2次燃焼を行うシステム

1次エアーは極力抑える事により、

薪の分解燃焼を抑えその事によって熾が大量に残り、

酸素があまり必要としない熾燃焼が可能で!(^∇^)

鋼板ストーブの弱点を完全にカバーできるのだ!

熾が大量に残っているので着火がスムーズ、あっという間に!

ファイヤー

鋼板製の長所は熱しやすい事!

じゃーどれくらいなの?

5時38分天板温度100度スタート

5時53分 約15分でなんとレッドゾーン

これはスーバーカーレベルだぞ!

たった15分でエアーを絞り巡航運転モード

メチャクチャ楽チンですよ!

実験の結果!パシフィックエナジーは

熱しやすく冷めにくい最強の薪ストーブでした!

本日のあんべ薪衛門レポートは以上

では!

薪ストーブ展示場見学予約はこちら

ご来店・ご相談は
「事前予約制」となります。

Tel:022-341-2789

電話受付時間 9:30~17:30(年中無休)

〒981-3225 宮城県仙台市泉区福岡字西上野原28-9

Googleマップでみる

  • 来店ご予約お問い合わせ
  • アクセス方法

TOP

HOME

  • YouTube
  • Ameba
  • facebook
  • Instagram

〒981-3225 宮城県仙台市泉区福岡字西上野原28-9

Tel:022-341-2789

Fax : 022-341-2799

E-mail : anbe.makiemon@gmail.com

仙台市泉区泉ヶ岳に派手に佇む薪ストーブ村「WooDearVillage」。東北最大・常時55台以上の薪ストーブを展示しています。仙台・宮城はもちろん、岩手・秋田・山形・福島からも来る価値がある、圧倒的な薪ストーブ村を目指します!

× 閉じる

来店ご予約お問い合わせ

ウッディアヴィレッジ

〒981-3225
宮城県仙台市泉区福岡字西上野原28-9

Tel:022-341-2789

× 閉じる